BonVoyage! Blog

蟄虫坏戸【七十二候】


こんばんは。

横浜のAromatherapy Space Bon Voyage 高崎綾乃です。

秋分の次候(2017年9月28日~10月2日)

「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」

虫たちが冬ごもりのため、土の中に入り戸を閉ざす頃。

そして、

寒い季節を温かな土の中で過ごし、啓蟄の頃(3月初旬)にその戸を開きます。

お花や植物は大好きですが、虫はとっても苦手なワタクシ。

彼らが戸を閉ざしていただくと…ちょっとホッとしたり(笑)

唯一?「好き♪」と言える虫は、みつばち。

実際に近くに来たら逃げると思いますが^^;

ハチミツに、ミツロウに、ローヤルゼリー

みつばちがもたらしてくれる恵み✨

以前、採れたてのミツロウをいただいた際、ほんのりと甘みがある高い香りに夢中になりました。

またミツロウで作るキャンドルは、優しく温かい炎で幸せを運んでくれます♡

(ミツロウキャンドル、12月開催の四季のアロマテラピー講座で作成しますよ~!

 ご興味ある方、ぜひご一緒しましょ(*´ω`*))

ローヤルゼリーには、小さな子どもの頃からずっとお世話になっています。

それはもう、信者と言ってもいいくらい!(笑)

「原乳」なる生のローヤルゼリーが販売されているのですが、それを外用に使うのです。

(カプセル加工などされていなく、そのままのものです)

切り傷、すり傷、やけど、打ち身、口内炎…

先日靴擦れになった際も、手を切った際も、皮がめくれてしまっていたため精油たちは使えなかったのですが、そんな時にもローヤルゼリーが助けてくれました。

つけた途端、激痛!に襲われるのですが😣治りは格段に早い!!

そんな体験談をいっぱい持ってるみつばちからの賜物♡

みつばちへの感謝を込めつつ外用使用、おススメです♪


記事一覧
Archive